黄永玉 (こうえいぎょく)

プロフィール

,

画家
1924年~

湖南省出身。中央美術学院教授。1939年より、独学で学び、木版画の制作を始め、新聞編集者、映画制作などを経て、中央美術学院教授になる。1940年代、50年代、80年代と香港に置いて個展を開き、国内外で称賛される。その作風は、豪放かつ独特の風格を持っており、現代国画壇において特異な存在である。現代詩文にも優れる。
2008年北京五輪の開催を祝う作品、中国=mc2 を作成した事でも世界的に知られる。

黄永玉作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ