斉白石 (さいはくせき)

プロフィール

,

画家・書家・篆刻家
1864年~1957年

現代中国画の巨匠、草花・虫・蝦などを緻密かつ大胆に描き、 独自の画風で世界的に評価を得る。
湖南省出身、貧しい農家の出身で、身体も弱かったが絵が好きだったので、 独学で絵を描き始め、27歳で湖沁園の弟子となり、その後全国を5回歴遊しながら、 八大山人、石濤、徐渭、呉昌碩といった先人に影響を受け、 斉白石独特の画風をより一層深めた。

北京美術専門学校教授、中国美術家協会主席を歴任し、政府より 人民芸術家の称号を与えられ、56年に国際平和賞を受賞、 90歳を過ぎても1年で600点の作品を描いた事でも知られる。
享年95歳

斉白石作品お持ちの方へ

中国の掛け軸の中でも最も人気の高い作家の一人です。
日本ともゆかりが深く作品も多く日本に残されています。
偽物、工芸印刷が多数存在しているため、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ