呉昌碩 (ごしょうせき)

プロフィール

,

画家・書家・篆刻家
1844年~1927年

現代中国画の巨匠、書、画、詩、印とも評価が高く、清末の四絶と呼ばれる。
浙江省出身、画風は任伯年、徐渭、八大山人、揚州八怪を承け、梅、牡丹、葡萄、藤花、荷花、石などを墨の濃淡で巧みに描いたり、西洋紅を中国画に使用する事は呉昌碩に始まるといわれる、呉昌碩は書を書くように、画を描くといわれた。篆刻は浙派や皖派に学びさらに秦漢の印、封泥を研究して独自の刻風を完成させた。書は石鼓文を得意とし、行書、草書にも独自の書風を見せた。

中国書画芸術の中心である、西冷印社の初代社長。 享年84歳

呉昌碩作品お持ちの方へ

中国の掛け軸の中でも人気の高い作家の一人です。
日本ともゆかりが深く作品も多く日本に残されています。掛け軸は牡丹など花を描いた作品も多く、篆書など書も多くあります。
ただし偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ