李可染 (りかせん)

プロフィール

,

画家
1907年~1989年

現代中国山水画の第一人者、江蘇省徐州市出身。幼時から絵画、書、音楽に優れた才能を示した。13歳の時に銭食芝に師事し、四王(王時敏、王鑑、王翬、王原祁)の山水画を学んだ。1925年に国立西湖芸術院研究生となり、林風眠に素描と油画を1940年重慶に移って徐悲鴻、郭沫若、老舎に学んだ、1946年、徐悲鴻に招かれて北京国立芸術専科学校教授になり、黄賓虹、斉白石に師事。独特な発想、構図そして堂々とした雰囲気や奥深い遠景を有する作品で知られる。
中央美術学院教授、中国画研究員院長、中国美術家協会副主席、中国文連委員、中国政治協商会議委員を歴任。徐州に李可染芸術陳列館がある。
享年82歳

関連リンク

李可染作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ