傅抱石 (ふほうせき)

プロフィール

,

画家
1904年~1965年

現代中国画の巨匠、雄大な山水画を大胆に描いた。
江西省出身、手工業者の家に生まれた。 江西省第一師範学校に進み、美術創作と研究を始め、呉昌碩、斉白石、八大山人、王蒙、黄公望などの作風を学び、国画源流述概、模印学、中国絵画変遷史綱を著し、徐悲鴻の進めで、来日し帝国美術学校に入学した。
金原省吾、山口蓬春、川崎小虎、小林巣居人、清水多嘉示に学び帰国、その後は橋本関雪、横山大観、川合玉堂、平福百穂、小杉放庵などの影響を受け朦朧体を取り入れた画風を完成させ、南京を中心に傅派と呼ばれる一派を生んだ。

南京大学教授、江蘇省国画院院長、中国美術家協会副主席、美協江蘇分会主席、全国文連委員、全国人民代表大会代表をつとめた。
享年61歳

関連リンク

傅抱石作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ