劉海粟 (りゅうかいぞく)

プロフィール

,

画家
1896年~1994年

江蘇省常州に生まれ、私塾に入り、四書五経を学び、白描の手法で花鳥画を描いていた。その後家を離れ、絵画を学ぶために上海に向かった。その2年後には学校を開設し、蘇軾の代表作、前赤壁の賦の渺たる滄海の一粟にちなみ、劉海粟と名を改めた。

1911年中国近代における初の美術専門学校、上海図画美術院が誕生した。
これはのちの上海美術専門学校の前身になるもので創設者は当時わずか17歳だった劉海粟と彼の絵画を通じた友人だった。

1919年、東京で日本の美術と教育を視察。また日本帝国美術院初の展覧会に参加した。

上海に劉海粟美術館がある。
享年98歳

作品収蔵:
京都国立博物館

劉海粟作品お持ちの方へ

日本での展覧会歴もあるため、現在も日本に収蔵されている作品が多くあります。

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ