啓功 (けいこう)

プロフィール

,

書家・画家
1912年~2005年

北京市出身。清朝雍正帝の九代目子孫。中国書法家協会主席、国家文物鑑定委員会主任委員。姓、愛新覚羅、字元伯、元白。年少より文学と絵画を学び、輔仁大学の美術学部と中国文学学部助教授をつとめる。

北京師範大学教授。著書に『古代字体論稿』、『詩文声律論稿』、『啓功叢稿』、『論書絶句百首』ほか。

啓功作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ