銭松嵒 (せんしょうがん)

プロフィール

,

画家
1940年~

江蘇省出身。元江蘇画院院長。幼少より父に古文詩、書道、絵画を学んだ。長期に渡り教育に携わる。その作風は、山水画の優れた伝統と現代山水画の作風を無理なく統合させ、清新かつ豊富な色彩で独特の風格を持った新しい山水画を作り上げた。
太湖新貌、塞山春光及び硯辺點滴を著した。

作品収蔵:
中国美術館

銭松嵒作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ