包世臣 (ほうせいしん)

プロフィール

,

書家・評論家
1775年~1855年

安徽省涅県出身。字は慎伯、号は白門倦遊閣外史、倦翁など。早くから兵法家の書を研究する。挙人となるが進士にはなれず、出世を諦める。この頃までに兵法家・書家として名を成す。書は蘇軾、二王、孫過庭、顔真卿などを学んだ。また、碑学を推奨した阮元に追随し碑学尊重した。著書には『藝舟双楫』『小倦游閣草書』などがある。

呉熙載、何紹基、趙之謙など多くの後進の育成に尽力した。
享年80歳

包世臣作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ