王原祁 (おうげんき)

プロフィール

,

文人画家
1642年~1715年

江蘇省太倉出身。字は茂京、号は麓台。王時敏の孫。幼少より祖父や王鑑に南宗画の伝統的山水を学ぶ。内廷供奉として、『佩文斎書画譜』の編纂を行った。清初の文人画風の典型を作ったと云われる。
王時敏、王鑑、王翬、呉歴、惲寿平とともに四王呉惲の一人に数えられる。

享年73歳

作品収蔵:
京都国立博物館
中国美術館

王原祁作品お持ちの方へ

古書画の部類であるため大半が偽物や写し品と考えてよいかと思われます。ただし展覧会の出品歴や表装などの仕立てなどによっては高値が付く場合もございます。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ