王石谷 (おうせっこく)

プロフィール

,

画家
1632年~1717年

江蘇省常熟出身。清代初期の文人画家。本名は王翬(おうき)。字は石谷、号に耕烟散人、剣門樵客、烏目山人ほか。文人の家の出で、同郷の張珂に画を習い、のちに王鑑に入門。画法の典拠を古画に求め、南宗北宗の画風を合一、虞山派の祖として画聖と称される。
四王呉惲の一人に数えられる。
享年88歳

作品収蔵:
京都国立博物館

王石谷作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ