金延標 (きんていひょう)

プロフィール

,

宮廷画家
生没年不詳

18世紀、清朝の画家。乾隆帝の南巡の時に気に入られ宮廷画家になる。
果物や花卉、人物画を得意とした。
白描羅漢冊などが傑作として知られる。

金延標作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ