乾隆帝 (けんりゅうてい)

プロフィール

,

清朝の第6代皇帝
1711年~1799年

雍正帝の第4子、諱は弘暦、廟号は高宗。在世時の元号の乾隆を取って乾隆帝と呼ばれる。雍正帝は康煕帝を円明園に招待して、十二歳の乾隆帝を引き合わせ康煕帝は乾隆帝を気に入り、宮中に連れ帰って教育したと伝えられる。
25歳で皇帝に即位、その後金川・ジュンガル部・グルカ、回部・台湾・ビルマ・べトナムと遠征を繰り返し、その領土を拡大した。

乾隆帝は、古今の優れた書物を書き写し四庫全書を残した、又本人も数多くの漢詩を作成した。

乾隆帝の十全武功(10回の外征)などによる蒐集した宝物は、現在の故宮博物院の基となった。
享年88歳

作品収蔵:
京都国立博物館

乾隆帝作品お持ちの方へ

皇帝の書であるため世に出回る作品の大半が偽物や写し品と考えてよいかと思われます。ただし展覧会の出品歴や表装などの仕立てなどによっては高値が付く場合もございます。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ