陳洪綬 (ちんこうじゅ)

プロフィール

,

画家、文人
1598年~1652年 

明末清初に活躍した文人である。特にその画業は後世に大きい影響を与えた。 字を章候、号は老蓮・老遅・悔遅・弗遅と称した。画ははじめ浙派の画師である藍瑛や孫杕に学んだ。藍瑛は陳を天授の才であると褒めている。その後、李公麟・周昉などに師法し、唐宋の古画の臨模を通じて技法を学んでいる。
享年54歳

作品収蔵:
京都国立博物館
中国美術館

陳洪綬作品お持ちの方へ

偽物、工芸印刷が多数出回っていますので、鑑定が特に大切な作家となっております。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ