劉松年 (りゅうしょうねん)

プロフィール

,

宮廷画家
生没年不詳

銭塘(現在の浙江杭州)の人。南宋絵画の代表的な人物は、劉松年、李唐、馬遠、夏圭であり、合わせて南宋四家と呼ばれた。清波門に住んでいたことから、暗門劉と称された。
台北故宮博物院所蔵「羅漢図」は、晩年の名画として知られる。

劉松年作品お持ちの方へ

古画の部類であるため大半が偽物や写し品と考えてよいかと思われます。ただし展覧会の出品歴や表装などの仕立てなどによっては高値が付く場合もございます。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ