雍正帝 (ようせいてい)

プロフィール

清朝の第5代皇帝
1678年~1735年

康熙帝の第4子。諱は胤禛、廟号は世宗、謚号は憲皇帝。在世時の元号を取って雍正帝と呼ばれる。在位13年の中で治世綱紀の粛正、官制の改革、税制の安定を図り、皇帝独裁権を強化。軍機処を創設。対外的には青海・チベットを平定した。
雍正帝の書は、歴代の法帖を広く臨書したこともあり、康煕帝から非常に称賛され、乾隆年間には、四宜堂法帖及び朗吟閣法帖として手本とされた。

雍正帝の硃批諭旨は数十万言にも上り、その偉業により最も勤勉な皇帝であるとの歴史的評価を得ている。
享年57歳

雍正帝作品お持ちの方へ

皇帝の書であるため世に出回る作品の大半が偽物や写し品と考えてよいかと思われます。ただし展覧会の出品歴や表装などの仕立てなどによっては高値が付く場合もございます。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ