張瑞図 (ちょうずいと)

プロフィール

政治家・書家・画家
1570年~1641年

福建省晋江に生まれ、明末の高官を務めたが、晩年は郷里で書画を書き、悠々自適な生活を送る。
行書が最も優れていると言われるが、小楷から大字まで多才で、共にきわめて個性的で力強い様式を示し、ことにその書は同時代の邢侗、米万鐘、董其昌と並び称され、邢張米董又は、明末の四大家と称される。

張瑞図は日本でも江戸時代に人気があったとされ、多くの作品が伝わっている。
享年71歳

張瑞図作品お持ちの方へ

古書画の部類であるため大半が偽物や写し品と考えてよいかと思われます。ただし展覧会の出品歴や表装などの仕立てなどによっては高値が付く場合もございます。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ