趙孟頫 (ちょうもうふ)

プロフィール

政治家・書画家
1254年~1322年

浙江省出身、宋末元初の政治家、書画家。字は子昂(すごう)。松雪道人,鷗波道人,水晶宮道人と号した、初め宋に仕えて地方官になったが、その後フビライや元の皇帝の元で、学士となった。
詩文、書、画に長け、王羲之、王献之を研究、その書風は文人画を復興し復古調と呼ばれています。

宋末・元初の書画人として有名な趙孟堅とは従兄弟の間柄になる。
享年68歳

趙孟頫作品お持ちの方へ

古書画の部類であるため大半が偽物や写し品と考えてよいかと思われます。ただし展覧会の出品歴や表装などの仕立てなどによっては高値が付く場合もございます。
ご購入・お売りになる際は、多数の経験を踏んでいる鑑定士の在籍する当店へご連絡ください。

お問い合わせ