白隠禅師 (はくいんぜんし)

プロフィール

1686-1769年。
臨済宗の僧。

駿河国(静岡)出身。
法名は慧鶴。 修行を続け、のちに病を患いながらも、飽くなき求道精神を持って民衆への布教に広く努めた。
禅を伝える詩文・禅画をよくしたとして知られている。 京都妙心寺の第一座となっている。

白隠の書画の代表的コレクターに、細川護立と山本発次郎がいる。

白隠禅師作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ