長谷川潾二郎 (はせがわ りんじろう)

プロフィール

1904〜1988年
日本の洋画家、小説家。

文学一家に生まれ、自身も当初は小説を書いていたが、画家を志して上京する。

風景や静物を多く描き、特に飼い猫のタローを描いた作品は高く評価されている。
ひとつの作品を完成させるのに非常に時間をかけたことで知られており、完成までに10年かかったものもあるという。

1931年、パリに留学するも1年程で帰国。
その後も画壇との関わりをほとんど持たず、寡黙に描き続けた作家である。

長谷川潾二郎作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ