酒井抱一 (さかい ほういつ)

プロフィール

,

761〜1829年。
日本の画家、俳人。

東京都(江戸)出身。
本名忠因。抱一は号。姫路城主酒井忠以の弟。
若い頃から多趣味多芸で、多くの文化人と交流があった。
37歳のとき西本願寺で出家,権大僧都となったがすぐ隠退し,下谷根岸に雨華庵を営む。絵は狩野高信、宋紫石、歌川豊春にまなび、のち尾形光琳に傾倒する。

作品は「夏秋草図屏風」など琳派風の絵をかいた。俳諧を好み、俳画も得意とした。

酒井抱一作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ