今井俊満 (いまい としみつ)

プロフィール

1928〜2002年
京都出身の画家。

上京して旧制武蔵高等学校に入学、在学中から絵を描き始める。1951年、第15回新制作展で新作家賞を受賞した。翌1952年にフランスへ渡り、パリのソルボンヌ大学で学んだ。この頃、抽象絵画のアンフォルメル運動の中心人物である美術評論家のミッシェル・タピエと知り合う。ジョルジュ・マチューやジャン・デュビュッフェと共に彼もこのアンフォルメル運動をすすめ、日本に海外の抽象絵画を紹介したことが大きな功績とされている。
1960年代からは制作活動をしていたフランスをはじめとして、海外での展覧会を成功させ、国際的な芸術家として評価されていった。また、1962年に現代日本美術展の最優秀賞を受賞、1970年に大阪で開催された万国博覧会では美術監督を務めるなど、日本でも活躍の幅を広げた。
晩年は20世紀に入ってからの日本と中国との対立や、第二次世界大戦での広島の被害などをテーマにしていた。

今井俊満作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ