板谷波山 (いたや はざん)

当館では、年に数点の取り扱いがございます。
大変人気があり、毎回高額で取引しております。

プロフィール

1872~1963年
日本の陶芸家。

陶芸の芸術性を追求した、日本の近代陶芸の牽引者です。
波山の号は筑波山に由来し、地元である茨城県に向ける愛郷心が窺い知れます。
波山は独自に葆光釉という釉薬をつくり、絵付けをした上から釉薬を掛けて、つやを消すことで淡く幻想的な作風を生み出しました。 作品は白磁、青磁、彩磁にレリーフ文様を施したものなど、繊細なものが多くあります。 陶芸家では初の文化勲章を受賞、人間国宝の候補に挙がるも辞退しています。

板谷波山作品お持ちの方へ

板谷波山作品の取り扱い実績のある当館にお任せください。
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ