何海霞 (かかいか)

プロフィール

908~1998年。

北京出身の画家。

長安派画家の創始者の一人として活躍し、山水画や花卉を得意として描く。
生家は代々の優れた書道家で、古典院体画と書を幼少期から学んでいる。

 

古代中国の絵画や歌、元・明・清王朝の大規模な模写を行ったことにより、「鬼手(模写の大家)」と呼ばれ、名声を高める。

中国画学研究会研究員、評議員、陝西省国画院副院長、中国通信大学顧問などを歴任する。 張大千、斉白石と共同で展覧会を開催し、その名を広めた。
現実主義と浪漫主義を結びつける独自の創作方法を確立し、高齢になってからも大作を手がけた。

 

関連作家

・張大千 ・斉白石 ・周養廠 ・金世光

何海霞作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ