加山又造 (かやま またぞう)

プロフィール

1927~2004年
京都府出身の日本画家、版画家。

祖父は日本画の絵師、父は京都西陣織の衣装図案師という伝統的な芸術家系に生まれる。
上京して東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科に入学。卒業後は山本丘人に師事し、日本画を追求した。

1955年に初めての個展を開催し、1958年にはグッゲンハイム国際美術展に出品。この頃から海外の展覧会にも頻繁に出品するようになった。

また、多摩美術大学や東京藝術大学で教授に就任し指導にあたった。東京藝術大学では名誉教授となっている。

1997年に文化功労者に選ばれ、2003年に文化勲章を受章している。

加山又造作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ