駒井哲郎 (こまい てつろう)

プロフィール

1920〜1976年
東京都出身の版画家。

幼稚舎から慶應義塾に通っていたが、10代半ばに版画の技法であるエッチングを学ぶと魅了され、1938年に東京美術学校(現東京藝術大学)に入学する。
油画科を卒業後、1948年に日本版画協会の会員となった駒井は戦後の日本にメジャーとは言えなかった銅版画を広め、ジャンルとして確率させた人物といえるだろう。

1951年、サンパウロ・ビエンナーレにおいて作品「束の間の幻影」が聖日本人賞を受賞。
翌年1952年には前衛芸術集団である「実験工房」に参加。
さらに1953年には資生堂画廊で初の個展を開催し、国内外で活躍の場を広げた。

また、母校である東京藝術大学をはじめとして多摩美術大学などでも講師を務め、後世に銅版画の技術を伝えた。

駒井哲郎作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ