加藤孝造 (かとう こうぞう)

プロフィール

1935年~。
日本の陶芸家。

岐阜県出身。岐阜の陶磁器試験場では加藤幸兵衛から学び、多治見に移ってからは荒川豊藏から学ぶ。 瀬戸黒で人間国宝に指定された荒川豊藏の死去により指定が解除され、1922年に加藤孝造が瀬戸黒で人間国宝に認定される。 美濃陶芸協会の理事や会長を務めるなど、美濃焼の隆盛に貢献している。

加藤孝造作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ