元永定正 (もとなが さだまさ)

プロフィール

元永定正(もとながさだまさ)

1922年~2011年。三重県伊賀市出身。画家、絵本作家

1955年より具体美術協会に参加、吉原治良に師事する。絵具のたらし込みなど流動感ある絵画によって、アンフォルメルの画家として一躍注目を浴びる。

やがて絵本も手がけるようになり、作品も独自のネーミングをつけていった。「ふにゃらくにゃら」「さきんちょにおれんじとぶるう」など、読むだけで楽しくなるものが多い。

元永定正(もとながさだまさ)1964年現代日本美術展で受賞したのをはじめ、各種国際展などで活躍。
1983年には日本芸術大賞を受賞。2002年三重県民功労賞文化賞受賞。近年具体美術の代表の一角として作品評価も高い。

作品

元永定正作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ