村上三郎 (むらかみ さぶろう)

プロフィール

1925年~1996年。兵庫県神戸市出身。
芸術家

白髪一雄田中敦子金山明らと共に、吉原治良をリーダーとする具体美術協会に参加。
木枠に張った多数の紙を突き破って通り抜ける紙破りのパフォーマンスが有名。
これは絵画を形成する様々な既存の枠組みを解体し、その先に立ち現れる絵画の本質を追及するものであった。

彼の生み出した作品は多様だが、どれも生きることに向き合い、自らの生の在り様を捉えようとする姿勢が貫かれている。

村上三郎作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ