堅山南風 (かたやま なんぷう)

プロフィール

,

1887〜1980年。
日本の日本画家。

熊本県出身。
幼少期に両親を亡くし、苦学しつつも高橋広湖に絵画を学ぶ。
横山大観に認められ院展で活躍するも、幾度とスランプに陥りインドに渡るなどし克服していった。
作品は鯉をはじめとする花鳥画に優れていた。

芸術院会員、日本美術院常務理事を歴任。 文化功労者。文化勲章受章。

堅山南風作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ