崔如琢 (さいじょたく)

プロフィール

1944年~。

北京市西城区出身の画家。

北京芸術学院付属高等学校に入学。
中央美術学院付属高等学校に転校。優れた絵の才能を発揮し、中国画の科目代表となる。
高校卒業後、北京市内の小学校で美術教師を務める。その間に書道、絵画などを学ぶ。
人民大会堂に巨大画を納める。美術界から注目を浴びるようになり、中央工芸美術学院で教師を務める。アメリカに移住。ニューヨーク・リンカーン芸術センターにて公演を行う。
国際美術展覧会「ビンナーレ」に参加し、中国の画家として唯一入選する。
台湾歴史博物館にて個展を開催。これは中国画界では初のことで、当時の台湾副総統・謝東閔氏によりテープカットされる。
世界華人書画家/収蔵家連合会名誉会長に就任。中国にて崔如琢書画コレクション切手が発行される。
また花鳥画、山水画として初の国産ワイン標章となる。
中国全土で「崔如琢書画個展」を開催。この個展により崔如琢の魅力を一層全国に広めることとなる。

崔如琢作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ