笹倉鉄平 (ささくら てっぺい)

プロフィール

1954年〜
兵庫県出身の画家、版画家。

武蔵野美術大学商業デザイン科を卒業。
その後グラフィックデザイナー、イラストレーターとして働く。

1990年、青山スパイラルギャラリーにて初めての個展を開催。これを機に画家としての活動に専念する。
翌年からシルクスクリーンによる版画の制作をし始め、海外のアートエキスポに出品。
現在に至るまで国内の百貨店を中心に非常に多くの個展を開いている。

作品は写実的な風景画がほとんどである。実際に旅先で見た風景だけでなく、そこに理想を織り交ぜた作品も多く存在する。
優しく、柔らかい光の表現は、幅広い世代から人気を得る彼の絵の魅力といえる。

笹倉鉄平作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ