左宗棠 (さそうとう)

プロフィール

1812~1885年。

湖南省湘陰県出身の官僚・軍人。

太平天国の乱の鎮定に活躍。その功績で閩浙総督となった。
洋務運動での洋務派の一人として、四大工場の一つである福州船政局(造船所)を建設した のち新疆のイスラム教徒の乱も平定した。
中国では「清代最後の大黒柱」の評価を受けている。字は季高、老亮と号する。

左宗棠作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ