竹内栖鳳 (たけうち せいほう)

プロフィール

,

1864〜1942年
京都出身の日本画家。

円山四条派の伝統的写生を基本としながら、コローやターナーの西洋画の影響を受け、写実性を取り入れた新画法を生み出した。いろいろな流派を織り交ぜるところから「鵺派」と呼ばれ揶揄された。

文展開設に際し審査員を務め、以後官展を中心に意欲作を発表。画塾竹杖会を主宰し、後進の育成に取り組み、多くの逸材を輩出するという教育者の一面も持ち合わせる。

竹内栖鳳作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ