菅井汲 (すがい くみ)

プロフィール

1919~1996年
兵庫県神戸市出身の洋画家、版画家。

大阪美術大学で学び、阪急電鉄でポスターの制作など商業デザイナーとしての仕事をこなす。
その後、中村貞以に日本画、吉原治良には油彩画の指導を受けており、様々なジャンルを経験して自分の表現技法を模索している。

そして1952年、菅井はパリへ拠点を移す。彼の作品は東洋的な異国情緒溢れるものとして、間もなくしてパリの美術界で高い評価を得る。
当初はアンフォルメルのような、象形文字のような形態を描いていたが、1962年からは幾何学的な形態をくっきりとした色彩で描く「オートルート」シリーズに作風を変える。さらに1970年代からは円と直線の組み合わせからなる、より単純化された作品を描くようになった。

彼はリトグラフやシルクスクリーンの作品を多く残している。また、同じパターンを描き続けるその行為自体に個性があると考えていた。

菅井汲作品お持ちの方へ

当館では菅井汲作品の買取実績多数の絵画専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ