朱屺瞻 (しゅきせん)

プロフィール

1892~1996年。

江蘇省太倉出身の画家。

山水や花卉を描くことに長けており、中でも蘭、竹、石の画に優れている。

syukisen
上海芸術専科学校教授、同ヨーロッパ絵画学部研究所主任、中国美術家協会顧問を歴任。
日本へも留学し、藤島武二から印象派を学んだ。

技術革新に努め、中国と西洋の統合した彼の作品は、独特の国民性と壮大で大胆なものとして知られている。

朱屺瞻作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ