池上秀畝 (いけがみ しゅうほ)

プロフィール

1874~1944年。
日本の画家。

長野出身。
名は国三郎、別号に伝神洞。
四条派画家池上秀華の子であり、父親や荒木寛畝に文人画を学ぶ。 幼い頃から短歌・俳句・華道・茶道など趣味に没頭できる環境にあった。 南北両派の画風を研究し、山水花鳥画を得意とした。

寛畝門下の読画会展を荒木十畝とともに主導するかたわら自ら伝神洞画塾を主催した。

池上秀畝作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ