富岡鉄斎 (とみおか てっさい)

プロフィール

1837〜1924年。
日本の文人画家、儒学者。

京都の法衣商の十一屋伝兵衛富岡維叙の元に生まれる。

勉学に熱心に取り組み、石門心学、大国隆正に国学や勤王思想を、岩垣月洲らに漢学、陽明学、詩文を習う。

画業に関しては、京都を中心に美術を促進させる活動を行い、関東画壇とも交流した。 自分の絵を出品することはほとんどなく、展覧会の審査員としての活動を中心に行っていた。
1897年以降は展覧会に出品するようになり、淡い色調の独特な画風が世界からも高い評価を得た。

富岡鉄斎作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ