惲寿平・惲南田 (うんじゅへい・うんなんでん)

プロフィール

1633~1690年。

江蘇省武進出身の文人画家、書家。

清初六大家の四王呉惲の一人。
名を格,字を寿平といったが、字が通行したので字を正叔とした。号は東園草衣,雲渓外史,南田など。日本では惲南田と称されることが多い。
黄公望を尊敬して山水を習ったのちに、花卉画に専念するようになった。没骨法を用い、輪郭線を描かない独特な画法で、清朝花鳥画の典型をつくった。

惲寿平・惲南田作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ