山下清 (やました きよし)

プロフィール

1922〜1971年
東京出身の画家。「放浪の画家」「裸の大将」で知られている。

言語障害・知的障害のために山下が通っていた八幡学園の教育の一環として貼り絵に出会い、発展させていく。
1937年以降は展覧会への出品や個展が開かれ、高い評価を受ける。

1940年、18歳の時に八幡学園から突然姿を消し、日本中を放浪し始める。
学園での生活から自由になりたかったことが契機となり、じきに迎える兵役検査から逃れるために放浪を続けた。

彼は驚異的な記憶力の持ち主で、数ヶ月から数年に渡る放浪生活中に見た景色などは記憶しており、自宅でそれらを思い出して作品の制作をすることがほとんどだった。
作品は貼り絵の他に、色紙にペンで描かれたものも多い。

作品はもちろん、彼の人柄や人生は多くの人を惹きつけ、映画やテレビドラマにもなっている。

山下清作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ