横尾忠則 (よこお ただのり)

プロフィール

1936年〜
兵庫県出身の画家、グラフィックデザイナー。

1960年、日本デザインセンターに入社。
寺山修二や宇野亞喜良などとは知り合いで、ポスター制作などの面で舞踏や演劇を支えたといえる。

1966年には東京の南天子画廊で絵画による初めての個展を開いた。

1980年、ニューヨーク近代美術館でおこなわれたピカソ展に大きく影響を受ける。横尾が美術館の出口から出てきたときには「画家」になっていたと話したため、これが画家宣言ととらえられた。
その後は各国のビエンナーレに出品、ニューヨーク近代美術館をはじめとして国内外で個展を開催するなど活躍。国際的に評価されるアーティストである。

著作も多く、またメディアへの露出も積極的である。
自身のブログやツイッターなどのSNSでも頻繁に発信している。

横尾忠則作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ