竹久夢二 (たけひさ ゆめじ)

プロフィール

,

1884〜1934年。
日本の画家、詩人。

岡山県に酒造家の息子として生まれる。
学生時代からスケッチを新聞などに投書しはじめ、風刺画がよく掲載されるようになり、挿絵やスケッチを生業とするようになる。

「夢二式美人画」と呼ばれる独特の雰囲気を持った美人画は、日本画や洋画の技法など様々な形式によって表現された。
後期になるとそれらを商業美術として表現することに積極性を示し、大衆の人気を獲得していった。書籍の装丁や広告、日用品や浴衣におけるデザインは、近代日本のグラフィックデザインに大きく影響を与えた。

竹久夢二作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ