任伯年・任頤 (にんばくねん・にんい)

プロフィール

1840~1895年。

浙江省紹興市出身の画家。

父の任声鶴と伯父の任熊・任薫も画家であり、そこから画を学んだ。
のちに上海へ行って扇子店を開き、虚谷・張熊・高邕らの画家やコレクターの毛樹徵と友人となり、高邕の紹介で呉昌碩と知り合った。

zinbakuneni
花鳥・人物・山水画を得意とし、作風は中国の伝統画法・民間画法と西洋画のクロッキーと彩色法を融合させたもので、海派の第一人者とみなされている。

1887年に『任伯年先生真跡画譜』を出版し大きな反響を得た。

任熊・任薫・任預とともに『四任』といわれ、門下には、王一亭がいる。

任伯年・任頤作品お持ちの方へ

当館の専門査定士がご相談に乗らせて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ