取扱品目 古美術

古美術について

売却される方へ

古美術は美術品のなかで最も難しいジャンルです。
一見すると何の変哲もない茶碗が何百万円、何千万円の価値があったり、逆に豪華絢爛な壺が何千円であったりと、素人目にはわからないことが多いです。
当館には古美術においても陶器、掛軸、刀剣、道具と専門家がおりますので、各専門店を回らずとも一度で鑑定や売却することが可能です。

売却ポイント

値段は、時代、希少性、芸術性によって決まります。
伊万里焼でも、時代が江戸初期か江戸中期以降か明治大正かによって全く価格が変わります。時代があるかないかが重要な要素になります。また来歴も重要で、納められている箱に書付があったり、展覧会への出品歴があることで価値が違ってきます。
箱や資料も合わせてお持ち下さい。

 

取り扱い品

陶器 瀬戸焼・常滑焼・越前焼・信楽焼・丹波(立杭)焼・備前焼 猿投窯・陶邑窯・渥美窯・牛頸窯・珠洲焼・伊賀焼・唐津焼 仏像・古文書・中国古美術・朝鮮古美術など

まずはお電話を下さい。
・来歴をお教え下さい。(祖父が収集していたものetc)
・概要をお教え下さい。(壺が2つと掛軸が5本etc)
⇒(1)作品(2)箱書きの写真をメールか郵送でお送り下さい。
専門家の鑑識眼が拝見し概算査定価格をお出しします。
⇒または現物をお持ちいただくか宅配にてお送りください。”

専門家より

これは高いぞと肩の力をいれてお持ちいただく方の大半が、偽物や写しであることが多いのです。にあまり価値がないかもしれないと思って持ち込まれた方が名品や珍品だったりすることがあります。
また量があるときは、1点づつではなく、まとめてお見せいただければと思います。コレクションされたものはそれぞれの人の思いがありますので、それを後世に受け継ぐことも私たちの使命と考えております。 ~当館古美術専門スタッフN~

お問い合わせ